スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香南市の史跡めぐり   ~その4~

香南市の歴史めぐり、塩の道ツアーの最終回は、
山南から吉川の史跡を巡りました。

この石垣は、香我美町、十万与助城跡。天神の大杉のすぐ近くにあります。
戦国時代の石垣がそのまま残っている非常に珍しい史跡だそうです。
P1010297.jpg

そして、最後は、吉原城跡(芳原城)です。
ここは県下で数少ない平城の1つだそうです。
この吉原城は、長宗我部元親の祖父、兼序(かねつぐ)が
本山氏に追われ自刃した、終焉の地だそうです。
P1010303.jpg

今は石垣が残っていて、隣には、代々この城の門番をしていた小串家があります。
P1010305.jpg

P1010310.jpg


P1010306.jpg



こちらが小串家です。
この小串家の敷地内に長宗我部兼序の「殿の墓」と呼ばれる祠があります。

P1010307.jpg

このシャチホコが、非常に年代ものだとか(いつのものかは不明・・)
P1010308.jpg

本当に、身近な場所に、こんな貴重な史跡があったんだと、感慨深い気持ちになりました。

今回、塩の道講習には、全部参加できなかったので、まだ廻れてない場所もたくさんあります。
また、色々探索して、香南市の歴史情報をお知らせしたいとおもいます

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

プロフィール

旅行部

Author:旅行部
ドンドンと香南市をPRしていこうと日々思案中です。

Flashカレンダー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
おすすめスポット!
月別アーカイブ
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。